国際送金サービスWise(ワイズ)で口座開設する手順【安い・速い・オンライン】

海外送金サービスWise

海外送金の「ワイズ」を使い始める具体的な手順を知りたい!

という方へ。

本記事では、ワイズ(旧名「トランスファーワイズ」)でアカウントを作成(口座開設)する方法を、ステップバイステップで解説します。口座開設は10分程度で終わり、ネット上で完結します。

※「本人確認のために郵送物を受け取らなければならない」と説明しているサイトがありますが、間違いです。以前は郵送手続が必要でしたが、2020年4月の手続変更により不要になりました。

この記事を書いている私は、数年間アメリカに暮らしています。ワイズで500万円くらいは日米間で送金したので、10万円ほどは手数料を節約できたことになります。

↓口座開設はこちらから↓Wise公式サイト

用意するもの

アカウントの作成には、本人確認書類マイナンバー関連書類を使います。

次の書類を手元に準備しておきましょう。

本人確認書類(以下のいずれか)

  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • 在留カード(外国人の場合)
  • 住民基本台帳カード
マイナンバー関連書類(以下のいずれか)

  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバーカード
  • マイナンバー記載の住民票

会員登録

ワイズのウェブサイトを開き、右上の「会員登録」をクリックします。

(右下の「送金する」でもOK)

メールアドレス・パスワードを入力

↓の画面が開きます。

個人アカウント」を選択し、メールアドレス・パスワード・居住国を入力しましょう。

会員登録」を押して次に進みます。

電話番号を入力

次に、電話番号を入力して、SMSで認証コードを受け取ります

 

Voipサービスの電話番号でも登録できます。

送金情報を入力する

次に、送金情報の入力画面に移ります。

「送金情報の入力」とは、実際にWiseで送金する金額と受取先を設定するということです。アカウント開設を済ませるには送金情報の入力が必要ですが、ここで設定した国際送金は無料でキャンセルできます

すぐに送金する予定は無いけど、アカウントだけ開設したい

という方も、ここでは仮の送金情報を入力し、次のステップに進んでしまって大丈夫です

送金額と通貨を入力

送金額どの通貨からどの通貨に送金するかを入力します。↓のように、受取額と送金手数料が自動的に表示されます。

Wiseで送金画面

受取額はこの時点で確定します。

手数料は、ここで表示されたものが全てです。銀行での海外送金のような「隠れた手数料」はなく、全ての金額が明瞭です。

日本のメガバンクで10万円を送金する場合の手数料は4667円(4.6%)
それに比べてワイズで同額の送金手数料は758円(0.7%)と、非常に安い。

間違いがなければ「送金手続きへ」をクリックして次に進みます。

この時点で両替レートが確定します。ワイズでは、銀行送金のように「送金が完了するまでレートが分からない」ということはありません

↓すぐに口座開設する方はこちらから↓Wise公式サイト

自分の氏名・住所を入力

↓の項目を入力します。

入力する情報は、

・氏名

・生年月日

・電話番号

・住所 です。

 

 

 

 

送金相手の情報の入力

次に、送金相手の情報を入力画面に移ります。

自分自身」、「その他」、「法人・団体」のいずれかを選択します。

1)「自分自身」に送金する場合

以下の項目に入力します。

 

必要な情報は、

・口座名義

・ACH routing number

・口座番号

・口座種別

です。

 

 

 

↑は、アメリカへの送金の場合です。送金先として選んだ国に応じて必要な情報は変わります。

ACHルーティングナンバーとは、主にアメリカの国内送金で使われる番号です。
チェッキングアカウント/セービングアカウントとは、口座の種別です。「チェッキング」が普通預金、「セービング」が定期預金のようなものと考えればよいでしょう。

2)「その他」 個人に送金する場合

以下の項目に入力します。

必要な情報は、

・メールアドレス

・口座名義

・ACH routing number

・口座番号

・口座種別

・住所

です。

 

 

 

 

 

 

3)法人・団体に送金する場合

以下の項目に入力します。

最低限必要な情報は、

・メールアドレス

・口座名義

・相手の言語

です。

相手の口座情報が分かる場合は、「2)その他」と同じ項目に入力します。

 

 

 

相手の口座情報が分からない場合は、相手のメールアドレスで代替可能です。

この場合、ワイズから銀行口座を尋ねるメールが相手に送られます。メールが来る旨を前もって相手に伝えておきましょう。

相手方情報を入力したら、「確認」を押して本人確認に移ります。

本人確認

本人確認はオンラインで完結します。次のものを手元に用意してください。

  • マイナンバー関連書類
  • 本人確認書類
  • 紙(付箋などでOK)
  • ペン

書類のアップロード

スマホへ切り替え

書類の写真をとってアップロードするため、ここで、カメラ付きのスマートフォンに切り替えます

スマホで↓のQRコードを読み取るか、ブラウザでwi.se/jpy-veryfyを開きます

アップロードする書類を選択する

スマホに移ると、←の画面になります。

マイナンバーカードの有無に応じて、

マイナンバーカードで本人確認を行う」か、

マイナンバーカードを持っていません

を選択します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書類と認証コードをアップロードする

 

 

続く画面では4桁の認証コードが表示されています。←の画面では「3992」となっていますが、一人ひとり異なる番号になっているので、ご自分の画面で確認してください。これを紙に書き写します

 

 

書き写せたら、←の画面のカメラマーク(📷)を押しましょう。カメラが起動します。

認証コードを書いた紙と書類が一枚の写真に収まるように、カメラで撮ってください

 

つづいて、同様にカードを傾けて斜めから撮ります。これは、書類が本物であることを確認するため、厚みを検出しているだけです。文字は写らなくて大丈夫です。

 

裏面の写真も撮ります

 

 

全ての写真が撮れたら、「3つの写真を撮影しました」をクリックします

自撮りのアップロード

最後に自撮りをアップロードします。これは、身分証の写真と申込者本人が一致することを確認するためのものです。

 

←のカメラマーク(📷)をクリックしてカメラを起動し、認証コードを書いた紙を持って、一緒に写った写真を撮ります

写真が撮れたら、「続行」をクリックします。これで、無事にアップロードが完了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

口座開設終了!

お疲れ様でした。これで口座開設は終了です。

あとは、先ほど設定した内容で送金をしたい場合は、もう一度パソコンに戻って送金手続を行います。

ワイズの仕組み

Wiseは、海外送金を国内送金に変換することによって、銀行の海外送金手数料を迂回しています。

例えば、海外送金したい次のような2人がいたとします。

A国→B国へ送金したい人(100ドル分のA通貨→B通貨への両替)
B国→A国へ送金したい人(100ドル分のB通貨→A通貨への両替)

この二人の送金はちょうど正反対になっています。

Wiseは、このようなペアを見つけて、2人の資金を交換します。

100ドル分のA通貨を渡す→ / ←100ドル分のB通貨を渡す

そうすることで、実質的に送金したのと同じ状態を作り出せます。

A国→B国へ送金したい人(100ドル分のB通貨をゲット)
B国→A国へ送金したい人(100ドル分のA通貨をゲット)

要するに、

Wiseの安さの秘訣は、反対方向に送金したい2人をマッチングしてお金を交換する点にあります

手数料の高い国際送金を手数料の安い国内送金に変換できるので、料金が下げられるという仕組みです。

Wiseの安さの仕組みをさらに知りたい場合は「ワイズ(旧トランスファーワイズ)はなぜ安い?革新的な海外送金の仕組みを解説」をご覧ください。

送金時に知っておくとよいこと

為替レートをチェックしてベストなタイミングをとる

ワイズはリアルタイムの為替レートを用いるので、有利なタイミングを見計らって送金しましょう。

例えば日本からアメリカに100万円を送る場合、1ドル=105円と106円では約1万円の差が生じます。

キャンセルは無料

送金するまでは無料でキャンセルできます。

良いレートの時にとりあえず送金手続だけしておく、という使い方も可能です。

まとめ

  • ワイズの口座開設は、本人確認書類とマイナンバーさえあれば10分で終わる
  • 口座開設と本人確認を終えたら直ちに送金できる

ワイズ(旧トランスファーワイズ)に口座開設すれば、海外送金のために銀行に高い手数料を払う必要がなくなります。

↓すぐに口座開設する方はこちらから↓Wise公式サイト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました
optimum_cocoon_for_core_web_vitals_and_adsense