国際送金サービス「ワイズ」の入金方法を解説【銀行振込/デビット/クレジット/マルチカレンシー】

海外送金サービスWise

Wiseで国際送金するときは、どんな入金方法が使えるんだろう?

という方に向けて、ワイズの口座に入金するやり方を解説します。

結論をいうと、①銀行振込、②デビットカード、③クレジットカード、④マルチカレンシー口座からの入金 という4つの方法があります。

なお、Wiseでの日本→アメリカの送金の流れは次のとおりですが、ここでは下記ステップ1の入金方法を説明します。(送金の流れを詳しく知りたい方は「ワイズはなぜ安い?革新的な海外送金の仕組み」へどうぞ)

  • ステップ1 利用者が、日本のワイズ口座に入金する(国内送金@日本)
  • ステップ2 ワイズが、アメリカのワイズ口座から送金先口座に入金する(国内送金@アメリカ)

※以下の手順で海外送金するには、↓からWiseのアカウントを開設してください。手順は「国際送金サービスWise(ワイズ)で口座開設する手順【安い・速い・オンライン】」で解説しています。Wise公式サイト

では詳しく見ていきましょう。

入金方法① 銀行振込

最もベーシックな入金方法。

自分の銀行口座から、ワイズの銀行口座に振込入金します。送金元の国の銀行口座が必要です。

銀行振込の方法

1. Wiseのウェブサイトで送金手続を行う

Wiseのサイトで送金額、送金元・送金先の国を入力します。

日本から送金する場合

続いて↓のような入金方法の選択画面になるので、ご利用の銀行から手動で入金する」を選んでください

アメリカから送金する場合

↓のような入金方法の選択画面になります。特に指定がなければ、「銀行口座振替(ACH)」を選択しましょう

電信送金(Wire transfer)よりも銀行口座振替(ACH transfer)の方が安いため、米国内送金では一般的にACHが使われています。ACHは着金まで2~3日かかると説明されることがありますが、個人的な体験の限り(バンクオブアメリカの場合)では、すぐに完了しています。

※送金手続のその他の手順は、詳しくは「安くて速い国際送金サービスWise(ワイズ)の使い方」をご覧ください。

2. 振込先の銀行口座を確認する

送金手続の最終確認画面↓で、ワイズの銀行口座が表示されます。

スクリーンショットを撮るなどして表示された口座情報を保存してください。保存ができたらワイズのサイトでの手続は終わりです。

「Reference番号」も忘れずに保存しようね

なお、日本から送金する場合に表示されるワイズの銀行口座は次のいずれかで、どちらになるかはランダムに決まるようです。(2021年3月現在)

  • 三菱UFJ銀行
  • GMOあおぞら銀行

日本以外の国から送金する場合に指定されるワイズの銀行はこちら(ワイズ公式サイト)から確認できます。

3. 銀行振込をする

指定されたワイズの銀行口座に、送金額を振込入金します。

送金元の銀行でオンライン振込が可能であれば、このプロセスもインターネット上で完結させることができます。

なお、日本から送金する場合、送金額は一回あたり100万円未満の制限があります。100万円以上を送りたい場合は、複数回に分けて送ればOKです。一日あたりの送金上限はありません。

 

4.進捗状況を確認する方法

メールで確認する

入金を完了すると、Wiseから「入金確認が完了しました」というメール↓が届きます。

ウェブで確認する

Wiseのウェブサイトにログイン後、「ホーム」タブから送金手続の進捗状況を確認できます。

銀行振込で注意すること

① 銀行の手数料がかかる

銀行所定の振込手数料がかかります。振込手数料無料のネット銀行を使えば抑えられます。

参考に、UFJ銀行への振込手数料は次のとおりです。(2021年3月現在。出典:振込手数料 | 三菱UFJ銀行

  • オンラインバンキング: 無料
  • UFJ銀行のATMからUFJ銀行のキャッシュカードで: 110円
  • UFJ銀行のATMからUFJ銀行以外のキャッシュカードで: 220円(3万円未満なら110円)
  • UFJ銀行のATMから現金で: 440円(3万円未満なら220円)
  • UFJ銀行の窓口で: 550円(3万円未満なら330円)

② 会員番号の入力を忘れずに

「振込名義人」欄に会員番号を入力するのを忘れないようにしてください。

会員番号は、送金手続の確認画面で「Reference Number」として表示される「P」から始まる数字です。入金とユーザを結びつけるために用いられています。

会員番号が漏れていると着金確認が遅くなってしまいます。書き忘れた場合はサポートに連絡した方が良いでしょう。

③ 振込名義=アカウント名

振込元の銀行名義がアカウント名と一致する必要があります。親名義の口座や第三者の名前では送金できません

ちなみに、肩書付きの口座は大丈夫だという話を聞いたことがあります。

ワイズの信頼性について

「ワイズ」って信頼できるの?一時的にでもお金を入金して預けるのは心配だなぁ。

という方は、「Wiseの信頼性ってどうなの?倒産時の処理・事業規模・個人情報ポリシーを調査しました」をどうぞ。

入金方法② デビットカード

Wiseデビッドカードは世界中で使えるデビッドカードです。

使うときに現地通貨に自動的に両替してくれるので、事前の送金など面倒な手間は要りません。しかも両替レートや手数料はWiseのレートが適用されるので、従来のクレジットカードなどと比べて安く抑えられます

Wiseデビットカードの詳細は「ついに日本進出!Wiseデビットカードで外貨決済の手数料を節約しよう」をどうぞ。

国際送金の入金にもデビットカードを利用できます。

デビットカードでの入金方法

銀行方法と同じ手順でWiseのサイトで送金手続を作成してください。

入金方法の選択画面でデビットカード」を選びます

デビットカードを登録していない場合、「新しいカードを追加」から次の情報を入力して登録します。

  • カード番号
  • 有効期限
  • CVV番号(カード裏三けたのセキュリティ番号)

次の決済画面で、登録したカードを支払方法として選んで決済するだけで完了です。

Wiseのサイト上で入金まで終わらせられるので、非常にスムーズです。

デビッドカードを使う際のヒント

入金を取り消す方法

一瞬で決済が完了するデビットカードですが、決済後でも送金が完了するまでの間は、送金をキャンセルできます

ワイズにログインして「送金をキャンセル」ボタンを押すだけ。2~3営業日で、デビットカードの「残高」に返金されます。

デビットカードの利点①:振込手数料がかからない

デビットカードは基本的に振込手数料はかかりません。

オンラインバンキングで手数料無料にできない場合は、銀行振込よりもデビットカードの方が有利です。

デビットカードの利点②:オンラインで完結する

カード情報をWiseのサイトで入力するだけで入金が完了します。

デビットカードの利点③:直ちに着金する

タイムラグなしで即座に着金します。最も迅速な国際送金方法の一つでしょう。

入金方法③ クレジットカード

日本からの国際送金では、クレジットカードで入金することはできません(2020年9月現在)。

アメリカ、イギリス、ユーロ圏などから送金する場合、クレジットカードでの入金ができます。

クレカ入金の場合、デビットカードよりも手数料が高くなります。ただクレカのポイントが貯まる場合には、うまく活用すると得になるかもしれません。

クレジットカードでの入金方法

使えるカード

使えるカードは次のとおりです。

  • VISA
  • MasterCard
  • 一部のMaestroカード
  • Google Pay
  • Apple Pay

JCB、Amexは使えません。

入金方法

Wiseのウェブサイトで送金手続を行い、↓の画面が出たらクレジットカード」を入金方法に選びます

クレジットカードを登録していない場合、「新しいカードを追加」から、次の情報を入力して登録します。

  • カード番号
  • 有効期限
  • CVV番号(カード裏三けたのセキュリティ番号)

その後の流れはデビットカードと同様です。決済後にも送金が完了するまでは無料でキャンセル可能です。

他国・他通貨のクレジットカードでも入金できる

送金元以外の国で発行されたカードや、別の通貨のカードでも入金できますが、他国・他通貨のクレカは使わないことをおすすめします。

国際取引料がかかったり、カード会社の不利なレートで両替されることになるので、余計な手数料をカード会社に払うはめになるからです。

入金方法④ マルチカレンシー口座

マルチカレンシー口座を使って入金することもできます。

マルチカレンシー口座とは?

「ワイズ銀行」の外貨預金口座を持つようなイメージで、ワイズに外貨を貯められるサービスです。

詳細は「格安海外送金「ワイズ」で外国から日本に送金する方法【マルチカレンシー口座の使い方】」もどうぞ。

マルチカレンシー口座の使い方①:外貨受領&外貨送金

海外との取引がある場合、マルチカレンシー口座に外貨を振り込んでもらうことができます。外国の銀行口座を開くのと同じです。

マルチカレンシー口座から海外送金への入金もできます。

マルチカレンシー口座の使い方②:海外送金

トランスファーワイズへの入金方法として、マルチカレンシー口座の残高から直接支払うことができます。

まとめ

以上、入金方法4つを解説しました。まとめると次のとおりです。

  • 日本から海外送金する選択肢は、銀行振込、デビットカード、マルチカレンシー口座の3つ
  • 日本以外からの海外送金では、クレジットカードも使える
  • 簡単&安いカードでの入金がおすすめ
  • 銀行振込を使う場合は、オンラインバンキングが便利&安い

↓Wiseのアカウント開設はこちらから。オンラインで口座開設し、すぐに使い始められます↓Wise公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました
optimum_cocoon_for_core_web_vitals_and_adsense