海外旅行に必携!Wiseデビットカードの便利な使い方【手数料なし・最安レートで自動で両替】

海外送金サービスWise

Wise(旧TransferWise)は、2011年に設立されたイギリスの企業。国際的にお金を管理する必要のある海外在住者やよく海外に出かける人の間で、今、爆発的に広まっているサービスです。

そんなWiseが今年から始めたデビットカード。ちょっと便利すぎるので紹介します。

Wiseの口座にお金(日本円でも何でもOK)さえ入れておけば、両替しないで世界中の通貨で決済できます。手数料もクレカより安い。

この記事では、Wiseデビットカードの仕組みと便利な使い方を解説しています。よかったら最後まで読んでみてください。

\すぐにWiseを使いたい方はこちらから/
Wise公式サイト

Wiseデビットの利点①:世界中で使える

普通のデビットカードと異なり、Wiseのカードは世界中で使えます。事前に両替する必要すらありません。

Wiseではネット銀行のようにオンラインでお金を保有できます。デビットカードを使うとき、この残高から使った金額を決済通貨に自動的に両替して支払ってくれます

例えば、海外旅行に行くときに便利。

旅行の予算を予めマルチカレンシー口座に入れておいて、現地にはWiseデビットカードだけ持っていけばオッケー!たくさんの現金を持ち歩かなくて済むから、防犯的にも安心。

マルチカレンシー口座とはWiseのサービスの一つ。オンラインで口座を開いて、好きな通貨でお金を保有できる。

カードが普及している国であれば、レストラン、ショッピング、Uber代など、ほとんど全ての現地支払がWiseのデビットカードで済ませられます。

Wiseデビットの利点②:ATMで現地通貨を引き出せる

もし、現地でクレカ払いが普及していなくても大丈夫。

Wiseのデビットカードには、現地のATMで、マルチカレンシー口座の残高を、現地通貨として引き出せる機能があります。デビットカードさえ持っていけば、多額の現金を携えて両替所を探し歩かなくてもいいのです。

日本円で旅行費用を用意して、現地に着いた後でATMで引き出せばいいから楽ちん。現地の通貨が余ることもないし、最高!

ATM利用時には手数料がかかります。

日本で発行したカードの場合:月に2回まで、かつ合計3万円/月までは無料。それ以降は、手数料70円(月額3万円を超えたときは+1.75%)がかかります。

アメリカ発行のカード場合:月に2回まで、かつ合計100USD/月までは無料、それ以降は1.5USD(月100USDを超えたときは+2%)がかかります。

Wiseデビットの利点③:市場のレートで両替

Wiseデビットカードを使うとき、口座残高に現地通貨がなくても大丈夫。Wiseが自動的に現地通貨に両替して、支払ってくれます。

Wiseデビットが便利なのはわかったけど、両替レートが不利なのでは?

Wiseの両替は、おそらく業界で最安。多くの銀行では両替手数料の名目で、市場レートから1%ほど高い(不利な)レートで両替しますが、Wiseは市場レートをそのまま使います。

そもそもWiseとは、価格破壊をもたらした国際送金サービスとして始まりました。

創業者はイギリスで働くエストニア出身の若者。故郷への国際送金手数料が高すぎることに疑問を抱いて、Wiseを起業しました。超有名投資家から出資を受け、10年で急成長したスタートアップです。ちなみに三井物産(三井ベンチャーズ)も投資しています。

スタートアップとは、社会問題を解決するために投資を受けて起業・急成長する事業

銀行や両替商、クレジットカード、PayPalなど、両替サービスはたくさん存在しますが、Wiseはそのどれよりも安いと言っていいと思います。

国際送金の手数料比較|Wise・メガバンク・PayPal【結論:Wiseが最安】
格安の海外送金サービスとして有名になった「ワイズ」(旧トランスファーワイズ)ですが、「手数料が最安」という評判は本当なのでしょうか。 この記事では、トランスファーワイズと銀行(メガバンク)・PayPalの海外送金手数料を比較します。 ...

Wiseデビットカードの使い方

残高を用意し、普通のデビットカードとして使う

普通のデビットカードとしてお店やオンラインショッピングに使えます。

金額は、Wiseの「マルチカレンシー口座」から直ちに差し引かれます。口座残高が無ければ使えない点も普通のデビットカードと同じです。使ったのと同じ通貨がマルチカレンシー口座にあればその通貨で支払い、無ければ他の通貨の残高を自動的に両替して支払います。

手数料6.73ドルでアメリカから日本に10万円を送金した話【Wiseマルチカレンシー口座の使い方】
外国から日本にほんの少しだけ送金するのに、手数料が数千円もかかるのは納得いかない。もっと安くていい方法があればいいのに。 海外から送金してもらうとき、普通に銀行を使うと1~3%も手数料を取ら...

複数の通貨がマルチカレンシー口座にあるときは、為替レートの最も有利な通貨から使われます。支払に使った通貨がすでに口座にある場合は両替しないので、デビットカードの利用手数料はかかりません。(日本で日本のデビットカードを普通に使うのと同じ。)

一番有利な通貨をWiseが自動的に選んでくれるので、最小の手間で利益を最大化できます。

また、こんな使い方もできます。

Wiseデビットおすすめの使い方①:代金が一番安い通貨で支払う

航空券を買うのにブラジルの通貨を選んで決済したら、数万円も安くなっちゃった!

決済通貨を選択できるとき、通貨によって値段が変わる場合があります。

特にホテルや国際航空券を購入するとき。一番お得な通貨を選んで買う、なんてことができてしまいます。(経験上、ブラジル通貨は本当に安いです)

Wiseデビットおすすめの使い方②:クレカ代わりに使って両替手数料を節約

iherbでクレジットカードの代わりに使って、国際取引手数料を抑えられた。

外国のサイトで買い物をするとき、日本のクレジットカードを使うと割増費用がかかってしまいます。(国際取引手数料+不利な両替レートのせい)

クレカの代わりにWiseデビットカードを使えば、余計な費用を節約出来ます。

Wiseデビットカードの安全性

3Dセキュアを用いた支払保護

デビットカードでの支払は「3Dセキュア」を採用しており、安全性は高いと言えます。

3Dセキュアとは、決済時に予め設定したパスワードの入力を求めるセキュリティ手続。「カード表面に書かれている情報を入力するだけで、誰でも支払えてしまう」というセキュリティ上の課題を解決した。

Wiseの信頼性ってどうなの?倒産時の処理・事業規模・個人情報ポリシーを調査しました
ワイズ(旧トランスファーワイズ)を使う前に、安全性・信頼性を確かめたい。 Wiseを使って海外送金の手数料を節約したいけど、銀行口座を入力するのが少し怖い。個人情報を悪用...

利用停止は即座にいつでも行える

Wiseの手続は全てオンラインで行えます。カードを止めたいときは、Wiseのサイトやアプリで、いつでも即座に止めることができます。利用再開もオンラインでできます。

Wiseのデビットカードを使い始めるには

Wiseでアカウントを開設し、本人確認を行います。

国際送金サービスWise(ワイズ)で口座開設する手順【安い・速い・オンライン】
海外送金の「ワイズ」を使い始める具体的な手順を知りたい! という方へ。 本記事では、ワイズ(旧名「トランスファーワイズ」)でアカウントを作成(口座開設)する方法を、ステップバイステップで解説します...

本人確認ができたら、Wiseのサイトからデビットカードを注文できます。2週間ほどで自宅に届きます。カード発行時に1200円の手数料がかかりますが、その後は年会費などは一切ありません。

外国の通貨で買い物をする機会がある人は、Wiseを使うだけで買物のたびに数%を節約できます。非常におすすめのサービスです。

\Wiseを使い始めるにはこちらから/
Wise公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました
optimum_cocoon_for_core_web_vitals_and_adsense